おうちで経管栄養〜肌荒れを防ぐテープ固定の方法〜

こんにちは。「なったら」です(╹◡╹)

前回のお世話編では概要だったので今回は具体的な方法について説明します。この方法は実際に私も子供にしていましたし、肌荒れが極端に少なくなりました。

テープの張替えの頻度は1日1回+剥がれそうな時早めに!がポイントです。

*注入中の注意点*

①注入前に必ず、レビンが胃の中に入っているか聴診器でエアー音を確認。(胃の部分で聞くと、ブホォみたいな鈍い音がします)

そして、できれば、注射器で胃の中の内容物を引いて、確認するのがGOOD。

②注入を接続し、速度を調節します。時々時間を開けて、落ちているかの確認をする!

③レビンが抜けた場合、再挿入して、胃の中で音が確認できない場合は、絶対に注入しない!命に関わります。不安な時はかかりつけの病院でレビンを挿入してもらいましょう。

次にレビンの固定方法です( ・∇・)↙︎

つたない絵で失礼><、こんな感じで。

*肌荒れ予防*

これ簡単に言うと、「好きな形にできるキズパワーパッド」です!

面は一枚になっているので、好きな形にカットして使います。大きい顔でも小さい顔でも対応可能。笑

もしかしたら、病院毎に違っていて、「ディオアクティブET」という名前かもしれません。私は病院の売店で購入しました。自己負担でした。1枚からお試しで購入したけれど、効果は抜群でした。(ディオアクティブはCGFもあるから種類に注意!)

アマゾンでサイトを見つけたので病院で聞いてみてなかったら↙︎

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00N0EMFYM?ie=UTF8&blackCurtainKey=medical-black-curtain&redirect=true

個別売りじゃないので、高いし通院している病院で聞いてからの方がオススメです。

後、お風呂とかに入る時におでこにレビンの垂れ下がってるのを止めるテープは肌が弱いのであれば、これがオススメです。↙︎

これも名前は「ビジターム」と言います。在宅経管栄養の必要物品で病院からもらえると思うので聞いてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。もしわからないことがあればコメント、もしくはTwitterで質問いただければと思います。

病院から家に帰ろう!医療的ケア児「お世話編」

こんばんは。「なったら」です(╹◡╹)

今日は入院中の医療的ケア児が家に帰るまでのチェックポイントをあげたいと思います。これは入院している病院で説明された事を参考にしているので個人差があるとは思いますが、参考になればと思います。

①主に誰が世話をしますか?

技術の練習、世話をする人の気持ち(いや、モチベーション大事!)

①見学→②見守りでの実施→③1人で実施(院内)→④家での実施(外出・外泊)

②異常時・緊急時の判断と対応方法

◆医療的ケアに関する事

◆状態変化に関する事 (発熱時、嘔吐時 など…)

◆受診のタイミングに関する事

③両親以外の支援者の技術の練習の様子

誰が行いますか?

④ケア後の子供の状態の見方

⑤ケアの判断の方法

付き添い入院、外出、外泊を経て、退院できると思いますが、家に帰るまでの道のりが長いですね。まず、状態が安定して、安全な栄養管理の方法が確定しないとなかなか難しい。特に週数が浅く産まれて、低出生体重児ではミルクを確実に飲める、とか、レビンなら家族が安全に注入できて、レビン抜去時にも対応できて、もし、レビンを間違えて肺に入れてしまったときどうなるか、を知っておかないととんでもないけど、家には帰れません。

人工呼吸器ケア、レビンケア、吸引のポイント、技術は実践しないと身につかないのでこればっかりは病院で付き添い入院するしかないですが、以前紹介したブログでDVD付きの本があったので参考になるように貼っておきます↙︎

ttps://www.amazon.co.jp/写真でわかる重症心身障害児-のケア-アドバンス-BOOK-写真でわかるアドバンスシリーズ/dp/4899963637/ref=asc_df_4899963637/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=295642026147&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=15924339704901464588&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009689&hvtargid=pla-526633938365&psc=1&th=1&psc=1

次回は、家族の考えや気持ちについてどこがポイントになるか考えていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて

こんばんわ。「なったら」です(╹◡╹)

新年お正月ゆっくり過ごしてますか?いい本を見つけたので勉強していきたいと思います!意気込みとして皆さんにも紹介します!

https://www.amazon.co.jp/障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて-渡部-伸/dp/4426125340

また勉強して、看護師サイドとしての考察も含めて情報発信できたらと思います。

読んでいただきありがとうございました( ・∇・)

再生医療について

こんにちは。「なったら」です(╹◡╹)

今日は「再生医療」についてお話ししようと思っています。

再生医療→人体の組織が欠損した場合に体が持っている自己修復力を上手く引き出して、その機能を回復させる医学分野である(ウィキペディアより引用)

有名なのはES細胞、iPS細胞と呼ばれるものですね。

iPS細胞は実際に再生医科学研究所の山中伸弥教授による研究でノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

じゃあ、実際これがどう医療に生かされるのか。←ここが重要ですよね!

今、現在!(2019・12・20)NOW!どこまで「再生医療」が実際の病院で行われているのだろうか。ここが疑問です。癌細胞を取り除いたらその組織の代わりをiPS細胞がしてくれるの?疑問は膨らむばかりです。

日本で現在行われている治療について↙︎(私が調べる範囲ですが…)

!何もまだ治療法としては確立されていない!

つまり、まだ治験の段階です。言い換えれば、人間の体を使って再生医療が有効性があるのか、安全であるのかを確認している段階。みんなに、はいどうぞ、治りますから治療しましょう、という段階ではない。

大やけどを負った患者の治療に自家培養表皮「ジェイス」

膝関節の外傷性軟骨欠損症治療用の自家培養軟骨「ジャック」

骨髄移植時の合併症治療に使う「テムセルHS注」

心不全治療用の自家心筋シート「ハートシート」

*つまりほとんどが「自家」なのです*←これすごく大事です。

自前の細胞を取って、それを増やして治療しているのです。しかも、この治療法も高度な知識と経験のある専門医がレベルの高い病院で行なっていることなのですごく限定的です。

つまり、何が言いたいかというと、「再生医療」は今、発展途上です。

今は治らなかった病気が1年、2年先には良くなるかもしれない。脳梗塞を起こして麻痺していた腕が脳細胞の修復や再生によって動くようになるかもしれない。10年、20年先かもしれない。でも、脳性マヒの子供たちには少し希望がありますよね。

情報を求め続けることが大事なんです!情報を得ようと行動し続けることが大事!

なので、毎日でもなくてもいいので、病気を抱えている子供や家族がいる方は常に医療の情報を手に入れるようにしましょう。

脳梗塞を起こした人に対して再生医療を行い、マヒ機能の改善が図れた例も報告されています。↙︎ちょっと貼っておきます。これ以外にもググれば出て来ました。

https://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/701.html

文章は難しいですが、分からなければ、主治医に自分の病院で受けられる医療の限界を知っておきましょう。受ける治療の可能性を知るのは患者の権利です!

厚生労働省のサイトも貼っておきます↙︎ちょこちょこ覗いて情報を集めましょう。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/saisei_iryou/index.html

ここまでお読みいただきありがとうございました。

お風呂に入れない時の保清ケア

こんばんわ( ・∇・)急性脳症を発症して3ヶ月半のあいだ、息子はお風呂に入っていません。毎日、看護師さん達が体を拭いてくれるのですが、、、、

赤ちゃんらしからぬ、おっさんの匂いがするようになってしまいました。

そこで、ナースで働いていた時に使っていた

リモイスクレンズ」

について聞きました。入院中のPICUの看護師さんに聞くとすでに使ってくれていたようで、本人用で購入しました。

使い方は簡単です。

1、クリーム状になっているので汚れているところに塗る

2、タオルを巻いて数分待つ

3、拭き取る            

これは私が整形外科病棟で働いていた時によく使っていました。

入浴できない患者さんの体を拭く前に足に、先にリモイスクレンズを塗っておく。温かいタオルを巻いておいて、体を拭いて、着替えた後に、足のタオルを除けると、タオルがまっくろ。汚れがごっそりと取れていました。

人工肛門(ストマ)のパウチ交換時にも洗剤がわりに使えます。

<メリット>

●洗い流さなくてもいい

●タオルやガーゼでも拭き取れる

●アルコールアレルギーでも使える(息子はアルコールだめなので嬉しい)

●洗浄+保湿もできるから保湿剤いらず

<デメリット>

●コストがかかる←これは普通の洗剤に比べて高い

●汚れとクリームをなじませてから除去しないと効果がない

人工呼吸器をつけて、医療ケア児を在宅で見ているとお風呂は怖いと思います。私はまだそこまで行ってはいませんが、早くお風呂に入れてあげたいな。

自発呼吸がないから、アンビューでバギングしながらのお風呂になるけど、今はまだそれは怖いです。

お風呂が入れなくても何か替わりになるようなケアがあれば知りたいと思われている方にオススメです。3ヶ月半に溜まりに溜まったアカをこのクリームで看護師さんと一緒にきれいにしてきます(╹◡╹)

<補足>

リモイスバリアは普通の薬局では売っていないので、私は病院の売店で購入しました。後は、Amazonや楽天、アスクルにもあるそうです。

*注意*リモイスバリアと見た目が似ていますが、「リモイスクレンズ」です!

↘︎詳しく成分や、使い方を知りたい方はURLを下に貼っておきます↙︎

http://www.alcare.co.jp/medical/skincare/products/remois-cleanse.shtml