急性壊死性脳症について⑶

こんにちは。「なったら」です(╹◡╹)

前回の↑急性壊死性脳症⑵の続きになります。

一旦、帰宅して、携帯だけすぐ取れるようにして布団に入った。

病院から電話がかかってきたのは夜中の2時だった。

先生「息子さんの呼吸状態が急変したため、挿管して人工呼吸器を装着しました。処置について説明をしたいのですぐ病院に来てください」

私たち家族はすぐ車に乗って、病院に向かった。

病院に向かっている最中、どうして、と、なんで、しか浮かばなかった。どうか無事でありますように、先生も「明日目を覚ますかもしれない」と言っていたのにどうして、と。

病院について説明を受けたのは、採血した結果と、頭部CTの結果だった。

採血はCRP(CRP:炎症反応の値)が急上昇しており、頭のCTでは視床の部分が真っ黒だった。

この時ほど自分が看護師であり、知識があることをマイナスに思った事はない。脳神経は再生しない。これは現代の医学で分かっている事だ。5ヶ月の子供の頭が病気によって壊死した。その事実は衝撃的だった。

「看護師」の自分が脳細胞が壊死した事実はもう変えられない、現代の医学では脳細胞を交換したり、再生する技術は確立されていない、と考え、

一方で「親」の自分はもしかしたら良くなるのでは、また笑って一緒に家で過ごせるのでは、と思っていた。

変わってやりたい。なんで、5ヶ月しか生きていない赤ちゃんがこんな目にあうのか。

病院で発症した、それはすごいタイミングだと、これ以上にないタイミングで治療が開始できたと先生たちは言ったが、私は親であり24時間一緒に居たのにもっと何かできなかったのか、と思った。

風邪を予防すればならなかったのか。何をすれば脳症を防げたのか。看護師なのに無力だった。看護師だなんてただの職業名で息子の異常に気付けても、こうなる事は防げなかった憤りはずっと自分の中にある。

その日、息子は生死の境を彷徨った。

人工呼吸器をつけて、心臓マッサージを何回も繰り返し、ショックを起こし、輸血を行なった。それでも急性脳症の勢いは強く、

先生に「ご家族、皆さん呼べる人は呼んでください。精一杯治療していますがどうなるかわかりません」

と言われた。まさか、自分の家族がしかも、自分の子供がこの言葉を言われるとは思いもよらなかった。

ナースとして働いていた時、何度も聞いたし、言ったこともある言葉。

まさか、この立場でこの言葉を言われる事は思いもよらなかった。

↘︎急性壊死性脳症について⑷↙︎続きます

2 Replies to “急性壊死性脳症について⑶”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です